山に癒されて

ブログトップ

初秋の花たち

ここ数年の猛暑、それと時間100㍉といったスコールのような豪雨、
何か熱帯地方にでも暮らしているようです。
しかしながら、9月の声を聞くと、
いつの間にか勢力を増した大陸の高気圧が爽やかな冷気を運んでくれます。
日本の変らぬ季節の巡りにホッとします。

そんな季節の変化とともに、
野山を彩る花たちも秋の花に主役交替です。
9月最初の週末、秋の花たちに会いに鈴鹿の山を訪ねました。
鈴鹿山脈の一番北に位置する鈴北岳(1,182㍍)と御池岳(1,247㍍)です。
三重県から滋賀県に抜ける国道306号線の鞍掛峠から尾根伝いに手軽に訪ねられる山々です。
標高はそれほど高い山ではありませんが、
山頂部のカレンフェルト地形は高山の趣きをみせてくれます。

登山道に照りつける陽射しはまだまだ強烈ですが、
山のそこかしこに秋の気配を感じることができます。
群舞するアキアカネの群れ、カワチブシやアケボノソウ、カリガネソウ等々………。

e0014441_22285545.jpg背を伸ばしたカワチブシが鈴北岳の稜線と背比べ


e0014441_22303887.jpg山頂部に広がる石灰岩地形の独特の風景の中にカワチブシがいくつも群落をつくっています


e0014441_22323056.jpgマツカゼソウも高原の秋を告げる花


e0014441_2234069.jpgブッシュで羽根を休めるアキアカネの朱色も濃くなってきました


e0014441_2235137.jpg樹林の中に群れ咲くカリガネソウの青紫が鮮やかです


e0014441_22361343.jpgカリガネソウ、可憐な花たちがダンスを楽しんでいるよう


e0014441_22371842.jpgアップで見た姿も中々チャーミングです


e0014441_22384315.jpg高原のあちこちでアケボノソウも花をつけ始めました


e0014441_22394826.jpgアケボノソウ、上品で清楚な表情が高原の秋を感じさせます

[PR]
by genki_hirokun | 2006-09-03 22:42