山に癒されて

ブログトップ

<   2005年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

南アルプス南部縦走

山行のアウトラインについては、当サイトの「山行の記録」をご覧いただくこととして、
昨日までの2泊3日で聖岳から南、光岳までの南アルプスの縦走。
テントで重たくなったザックを背負い、尾根道に咲く花たちを愛でながらマイペースで歩いてきました。
久しぶりの縦走らしい山行です。

クルマを使った山行で縦走はコース設定が難しいのですが、
ここは遠山川の上流、易老渡を基点に先ずは易老岳へ。
南ア主稜線に出たら、一旦南下して光岳に向かいます。
光岳から北上、易老岳、希望峰、茶臼岳、上河内岳、聖岳と南アルプスの大きな山々をたどります。
そして、聖岳からは便ヶ島に下山、出発地の易老渡に戻る周回コースです。

易老渡からいきなり始まる急登にペースのつかめない体は悲鳴を上げますが、
易老岳に至れば南アルプスの主稜線のたおやかな尾根歩きが待っています。
百名山ブームとは言え、南アルプス南部の山々では静かな山歩きを楽しむことができます。

尾根歩きといっても所々苔むした樹林帯に南アルプスらしさを感じることができるほか、
森林限界を越せば展望が一気に開けます。
また大きなお花畑はありませんが、花の種類の多さにカメラを構える回数も多く、
バッテリー切れを心配しなくてはならないほど。

テントのフライシートの間から見上げる夜空を埋め尽くすほどの無数の星に感じた非日常のほか、
イザルガ岳山頂から望んだ黎明の空の彼方に浮かぶ聖岳に南アルプスの大きさと、人間の小さな一歩の積み重ねがあんなに遠くにまで達することができることを驚きをもって感じたり。

大自然の中で思いっきり癒されてきました。

e0014441_1983035.jpg
[PR]
by genki_hirokun | 2005-08-09 19:10